銀行系カードローンと消費者系の違い

銀行系カードローンと消費者系の違い

テレビを見ていたら、一度は銀行の銀行系カードローンのCMを見たことがあるかと思いますが、カードローンはお金を借りる方法のひとつです。

 

お金を借りる方法はいくつかあり、定番なのがキャッシング、カードローンで、どちらもインターネットや無人契約機から申込み、審査に通れば即日利用も可能になるという便利さで、多くの人が使用しています。

 

銀行系カードローンのデメリット http://www.batamanoot.com/

 

銀行系カードローンは銀行が提供しているカードローンのことで、ほかにも消費者金融系カードローンがありますが、消費者金融との大きな違いは借りられる金額に限度の有無です。

 

消費者金融系は貸金業法により年収の3分の1までしか借りることはできませんが、銀行系は銀行法で借りられる金額に制限が無く、大手の銀行が運営している事も多いので、安心性とネームバリューから言えば、銀行系カードローンの方がオススメです。

 

しかし、銀行系カードローンは消費者金融系に比べて審査が難しく、非正規社員や過去にクレジットカードの滞納経験がある人は利用できない場合があります。

 

 

 

審査が難しいだけ安全性が高くはありますが、銀行によって審査の難しさは違いますし、金利も異なるので、複数の銀行を見比べて、自分が利用しやすいところを選び、正しく使用してください。

信頼度で選ぶなら銀行系カードローン

 

お金を借りるなら一番大切なことは、それによって後々でトラブルにならないようにする事だと思いますから、なんといっても信頼度の高い金融機関を利用するのが一番だと思います。

 

なので、その点で選ぶならばほとんどの方が銀行で、と思いますよね。

 

でも、私は銀行というと、お金を預けるばかりで、借りるという利用はしたことがなかったので、銀行でお金を借りるというのもそう簡単ではなさそうなイメージですし、ちょっと敷居が高いような気がしていました。

 

 

 

なので、消費者金融系とかのがいいかなぁ・・とも思ったんですが、銀行系カードローンというのを知り、それはとても手軽に利用できるというので、検討することにしました。

 

カードローンの特徴は、使用用途が特に限定されてないため結構自由に使えるところと、一度契約が決まるとそれ以降は手軽に便利にいつでも、限度額の範囲で使えるというので、いいなぁと思いました。

 

 

 

とはいえ、銀行なら審査は厳しいに違いないし、ちょっと怖いなぁって思ったのですが、それほど心配になる必要はなく、普通に会社員とかであれば、問題なく審査が通るらしいのです。

 

なので、結局申し込むことにしました。当時は他に借金もなかったので余計スムーズに審査に通った気がします。

銀行系カードローン

 

社会人にもなると、友達や知り合いが結婚する事も増えてきて突然まとまったお金が必要になってしまうことが増えてきました。

 

とはいえ、毎月自分の生活費だけでいっぱいいっぱいで、貯金をする余裕もなくそんなお金はとても用意できないことが多いですよね。

 

なので、そんな時に最近の若い人たちはカードローンを活用することが多いようです。

 

 

 

本当に最近って、カードローンって言葉よく聞きますし、周りでも必ず誰かが使っていたりしますよね。

 

そして、特に人気が高いのは銀行系カードローンで、やっぱり若い人にとっては、借金するという行為が初めての方も多いので、銀行という最も安心できるところが取り扱っているカードローンならば、という事で申し込む方が多いんだと思います。

 

 

 

私も以前銀行系カードローンを申し込みましたが、他のカードローンに申し込む時と違って、変な不安がありませんでした。

 

変な不安というのは、何か怪しい業者だったらどうしよう、借金返済が何かあって遅くなってしまったりしたら怖い人が来るんだろうか、みたいな不安のことですが、銀行の商品である限り、一切そのような考えが浮かびません。

 

初めてのキャッシングでは、そんな安心感が特に大事だと思いますから、銀行系カードローンをおすすめします。